• 今週からロブのシグナルに加えて、ブラッドリー・フリードがシグナル配信を復活します。
  • 今日はEUR/CADとGBP/CADの新規トレードがあります。
  • USD/JPYとEUR/JPYオープントレードのアップデートもあります。
  • TRYJPYのトレードがストップアウトされました。詳細は下記の「今週の終了トレード」セクションをご参照ください。
  • ご質問ありましたらこのページの下辺であるコメント箱でお問い合わせ下さい。

新規トレード

GBP/CAD 買い(新規)

————————————————
手法:日足ピボット逆張り
ダイバージェンス:クラスA
トレード #1: 未定
トレード #2: 未定
ターゲット: 未定
ストップ: N/A

チャート:
10/31(金)更新: https://charts.mql5.com/6/96/gbpcad-h1-forex-capital-markets-2.png

コメント:
10/31(金)更新: 今日発見した新規トレードセットアップのなかで一番気に入っています。トレンドがすい最近止まって、そして横ばいの動きが始まったようですので、クラスAにしました。トレンドラインがブレークされたら買いの方向にポジションを開いて、一昨日の当たっていない日足ピボットへの半分の距離の位置で指値ターゲットを設定しましょう。

EUR/CAD 買い(新規)

————————————————
手法:日足ピボット逆張り
ダイバージェンス:クラスB
トレード #1: 未定
トレード #2: 未定
ターゲット: 未定
ストップ: 固定ストップ

チャート:
10/31(金)更新: https://charts.mql5.com/6/96/eurcad-h1-forex-capital-markets-2.png
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/eurcad-h1-forex-capital-markets.png

コメント:
10/31(金)更新: このトレードはそろそろスタート。トレンドラインがブレークされたら通過ペアを買って、一番近くにある当たっていない日足ピボットへの半分の位置で指値利益ターゲットを設定する。今のところでこのセットアップがクラスBですので、トレードサイズをクラスAの半分で、固定ストップをエントリーの前の安値の少し下で設定しましょう。
10/30(木)更新: このペア他のEURペアと同じように下落していますが、当たっていない日足ピボットが残されたので、これからの買いトレードチャンスになります。保守的な角度で引いたトレンドラインがブレークされたら買いのポジションを開いて、その時点での一昨日の当たっていない日足ピボットまでの半分のところでの利益ターゲットを計算します。エントリーまでは時間がかかりそうですので、またエントリーの時点でこのトレードがクラスAかクラスBかを決めましょう。

オープントレード

USD/JPY 売り(オープン)

————————————————
手法:マンデートレード(逆張り)
ダイバージェンス:クラスA
トレード #1: 107.90(成行)
トレード #2: 未定
ターゲット: 107.5727
ストップ: N/A

チャート:
10/31(金)更新: https://charts.mql5.com/6/96/usdjpy-h1-forex-capital-markets.png
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/usdjpy-h1-forex-capital-markets-2.png
10/28(火)更新: https://charts.mql5.com/6/63/usdjpy-h1-forex-capital-markets.png

コメント:
10/31(金)更新: 通過ペアがまだまだ買いの方向へとレンドしています。このトレードをロルオーバーで解決したいですが、適切なタイミングで次のトレードをポジションに追加したいです。USD/JPYがもう一度110.00にチャレンジしそうですので、エントリーがその後になるかもしれないです。もう少しトレンドさせて、そして新しいダイバージェンスとはっきりしたブレクダウンシグナルが表れたらトレードに追加します。とりあえず保守的なトレンドラインを一番最近の短いダイバージェンスに対して引きましたので、万が一それが突然下落でブレークされましたらエントリー。又アップデートいたします。
10/30(木)更新: 今朝のFOMC(連邦公開市場委員会)の発表の影響でドル高が付いて、価格がうちの週足ピボットターゲットにさらに離れました。その後、新しい弱気ノックスビルダイバージェンスラインが表れたので、このトレードの2つ目のエントリーを計画し始めた。チャートで新しい、保守的な角度のトレンドラインを引いて、そのトレンドラインがブレークされたら既存のポジションに追加したいです。これからそのブレークが起きるまで価格がどの位ターゲットに離れることによって利益ターゲットを週足ピボットにするか平均エントリー価格にするかを決める。
10/28(火)更新: 昨日の夜のトライフェクタールーム放送で紹介したトレードです。クラスAダイバージェンスのお負けにトレンドラインブレークが既に起きたマンデートレードですので、今すぐポジションを開いて、今週の未当たらない週足ピボットをターゲットしましょう。

EUR/JPY 売り(オープン)

————————————————
手法:マンデートレード(逆張り)
ダイバージェンス:クラスA
トレード #1: 137.015(成行)
トレード #2: 137.480(成行)
ターゲット: 136.4177
ストップ: N/A

チャート:
10/31(金)更新: https://charts.mql5.com/6/96/eurjpy-h1-forex-capital-markets.png
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/eurjpy-h1-forex-capital-markets.png
10/28(火)更新: https://charts.mql5.com/6/63/eurjpy-h1-forex-capital-markets.png

コメント:
10/31(金)更新: USD/JPYと違って、このペアのトレンドが明確に弱ってきて、ブレークダウンしそうです。元のターゲットをまだ狙うかロルオーバーを目指すかはちょっと迷いましたが、今のところではまだ今週の未当たらない週足ピボットが狙いたいです。トレンドが復活しましたら又考える。すでに2回目のトレードをポジションに追加しましたので、そのままターゲットへのブレークダウンを待ちましょう。
10/30(木)更新: 1回目のエントリーの後で通過ペアがさらに買い方向へトレンドしましたが、また新しい弱きダイバージェンスが表れて再びに下落し始めた。買い取れんとの続きの下で引いた2つ目のトレンドラインが今ブレークされましたので、2回目のエントリーを既存のポジションに追加したいです。利益ターゲットはまだ今週の未当たらない週足ピボットです。
10/28(火)更新: 昨日の夜のトライフェクタールーム放送で紹介したトレードです。クラスAダイバージェンスのお負けにトレンドラインブレークが既に起きたマンデートレードですので、今すぐポジションを開いて、今週の未当たらない週足ピボットをターゲットしましょう。

今週の終了トレード

TRY/JPY 売り(負け)-20ピップス

————————————————
手法:日足ピボット逆張り
ダイバージェンス:クラスB
トレード #1: 49.023(成行)
トレード #2: 未定
ターゲット: 48.895
ストップ: N/A

チャート:
10/31(金)更新: https://charts.mql5.com/6/96/tryjpy-h1-forex-capital-markets.png
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/tryjpy-h1-forex-capital-markets.png

コメント:
10/31(金)更新: トレードが指値ターゲットまで行けそうだったが、最終的に固定ストップの到達されました。他のJPYペアと同じように円安の方向へトレンドしています。又ブレークダウンの時が来ますので、損失した分を後のトレードで取り戻しましょう。
10/30(木)更新: 通過ペアが弱きダイバージェンスを表示してからトレンドラインをブレークしました。横ばいの動きがないですので、クラスBダイバージェンスです。今すぐ売りの方向のポジションを開いて、一番近くにある当たっていない日足ピボットまでの半分の距離のところで指値利益ターゲットを狙います。クラスBですので、必ず固定ストップを使いましょう。

CAD/CHF 買い (勝ち) +63ピップス

————————————————
手法:トライフェクター順張り
ダイバージェンス:クラスB
トレード #1: 0.84474
トレード #2: 未定
ターゲット: 0.8481又は0.8510
ストップ: エントリーができたら適切な位置を決める

チャート:
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/cadchf-h1-forex-capital-markets.png
10/28(火)更新: https://charts.mql5.com/6/63/cadchf-h1-forex-capital-markets.png

コメント:
10/30(木)更新: 両方の指値利益ターゲットが達成されました。
10/28(火)更新: このペアには逆張りトレードが終わったばっかりで、強きダイバージェンスも表れましたので、順張りトレードのセットアップを考え始めるタイミングが来ました。トレンドラインがブレークされたら手動又はトレンドライナーでエントリー。利益ターゲットは当たっていない日足ピボット(0.8481)又は最近抵抗レベルになっている月足ピボット(0.8510)のどちらかの利益ターゲットを選択して下さい。このダイバージェンスがクラスBなので、固定ストップを使いましょう。

GBP/NZD 売り(勝ち)+45ピップス

————————————————
手法:マンデートレード(逆張り)
ダイバージェンス:クラスA
トレード #1: 2.0430(成行)
トレード #2: 未定
ターゲット: 2.0368
ストップ: N/A

チャート:
10/30(木)更新: https://charts.mql5.com/6/85/gbpnzd-h1-forex-capital-markets.png
10/28(火)更新: https://charts.mql5.com/6/63/gbpnzd-h1-forex-capital-markets-2.png

コメント:
10/30(木)更新: 指値利益ターゲットが達成されました。
10/28(火)更新: 昨日の夜のトライフェクタールーム放送で紹介したトレードです。クラスAダイバージェンスのお負けにトレンドラインブレークが既に起きたマンデートレードですので、今すぐポジションを開いて、今週の未当たらない週足ピボットをターゲットしましょう。

0 コメント

コメントを残す

お問い合わせ

EZFXに対するご意見・ご質問・ご提案は、下記の入力フォームにてお寄せください。

Sending

©2017 EZFX

表示
非表示

メンバーログイン

パスワードのリセット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。