せっかちな初心者トレーダー

初心者トレーダーがトレードする時に1つのゴールしかないです:お金を稼ぐこと。価値の結果をくれる手法を見つけたらその手法を使用続けて、満足していますが、勝率が突然経て、連敗の時期が来ましたらそのトレーダーの我慢は非常に短い限界がある。お金が増えているんじゃなくて、経ている。お金が増えているけど、増加のスピードが「足りない」と考え始めて、パニックを送る。その時に手法を変えるかもしれないし、ルールを破れて手法以外のシグナルでトレードするかもしれないし、元の手法のルールをどんどん変えるかもしれない。しかし、そのトレーダーがそうするとマーケットとの戦いに最もパワフルな武器を捨てってしまうことになります。

その武器って何ですか?

私たちがマケットに対して全くパワーがないです。マーケットが私たちの希望について全く構わないし、勝ても負けてもマーケットは何も思わないです。マケットが海のようのもので、マケットに参入するとその環境に合わせないと溺れる。海に出ると船に乗ると同じように、私たちがマーケットに出る時に手法とリスクのルールが私たちの「船」で、そのルールに対しての一貫性がその船のモーターです。晴れの時に進むのが簡単ですが、荒波が来ましたら生き残るためにルールに対しての一貫性が不可欠です。

storm_tactics

最近の2週間で連敗と戦っている。連敗が来ましたらトレードが怖くなって、トレードのサイズを減らすかトレーディング自体を休止したくなるかもしれないんですが、それがダメです。船が暴風の中でエンジンをカットするに違えないです。大変な時に一貫性とフォーカスを維持することができない方が長期的にトレードで生計を立てることができません。

ドローダウンの時にどうしても怖くなるけど、どうすればいい?

私たちが手法をルールを使ってトレードの意思決定を行っているおかげでトレード結果の記録が残っています。その記録が私たちのトレーディングの真実を見せてくれる。過去に連敗があって、そしてその連敗から回復したことが何回もありましたら、また新しい連敗の最中でその記録を確認した方が自信になって、冷静に正しい行動を続けることができます。

バックテストもその時にとても役にたつです。連敗の最中でバックテストで似たような時期を見つけてドローダウンと回復を何回も繰り返してテスト環境で体験すれば、ライブマーケットでも同じことができると確認できるし、自信を持って冷静に正しい行動を続けることができます。

Smooth Seas Don’t Make Good Sailors

セーリングにはとてもいいことわさがあります。「Smooth Seas Don’t Make Good Sailors」日本語に訳すと「穏やかな海が上手な船員を育成しない」という意味になります。トレーディングもそうです。

勝率と利益がいい時にトレードをし続けて、そして5個、10個、15個の連敗が来たら諦めると上手なトレーダーになりませんし、トレードで生計を立てるに不可欠なスキルが身につかないです。

お金を稼ぐのがトレーディングの一部だけです。その機会を作るためには手法のルールを守りながらそしてリスクもコントロールしながら、いつでも勝率が悪い時期の準備をしないといけないです。利益は晴れている時に集めて、そして暴風の時に集めた資産を守りながら次の機会を探す。プロートレーディングがその繰り返しです。

荒波が来ましたら、空がまた晴れるまでは諦めずに頑張りましょう!

smooth sailing

0 コメント

コメントを残す

お問い合わせ

EZFXに対するご意見・ご質問・ご提案は、下記の入力フォームにてお寄せください。

Sending

©2017 EZFX

表示
非表示

メンバーログイン

パスワードのリセット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。