初心者トレーダーに手法を教えるときには「この手法が一週間で平均どのぐらいのトレード数をくれる?」が一番聞かれる質問の1つです。トレーダーが新手法に時間とリスクをかける前にまず学んでトレードする勝ちがあるかどうかと評価したいからです。それが当然かもしれませんが、勝率とトレード数があんまり手法の利益性と関係がないですので、その発想実態が根本的に間違っている。成功のトレーディングが成功の人生と同様に数より質だからです。その理屈を理解するにはまずトレードには「質」がどういう意味するかを理解しないといけないです。

Quality-Over-Quantity

質が悪いトレードと感情の役割

手法に沢山のトレードシグナルを期待するのがじゅんすいに意欲です。負け犬トレーダーが意欲によってトレードの意思決定を行って、損失と損失が重ねる。それはなぜですか?マーケットはトレーダーの要求について全然意識していないし反応しないです。にもかかわらず負け犬トレーダーが自分の要求をベースにしてトレードの意思決定を行う。この態度が狂っているに違いない。海に叫んで魚が波からお皿に飛んでくると信じると同じです。全く非現実的な魔法な発想です。

マーケットは自分のタイミングで機会をくれる。マーケットから利益を取るにはそのタイミングに合わせないといけないです。

勝ち組トレーダーになるためにまずこの事実を認めて、意欲の意思決定を止めるのが必要です。

質が高いトレードの特徴

質が高いトレードの特徴が下記の通りです。

  • 質が高いトレードが検証された手法のルールに従って計画される。計画されていないトレードはしないです。
  • 質が高いトレードのリスクが固定ストップとトレードサイズで制限されている。ストップに当たって最大の損失が資金の1%を超えないようにエントリーの前に適切なトレードサイズを計算する。
  • 質が高いトレードの可能のレワードがリスクより大きいです。リスク対リワードの比率が必ず1対2以上にしないといけないです。もし手法がその条件で利益性がなければ、その手法が長期的に損失になるので諦めたほうがいいです。

質が高いトレードのアドバンテージ

トレードの質にこだわるのが成功のトレーディングに不可欠です。計画が立てるプロセスのおかげで感情を抑えて、よりいい意思決定が冷静にできる。小数の質が高いトレードを計画して取ったほうがより少ない時間とリスクをかけて、よりたくさんの純利益が取得できるというのが成功の現実です。その成功の障害になっているのが自分だけです。

ハッピー・トレーディング!

ブラッド


為替・FX ブログランキングへ

0 コメント

コメントを残す

お問い合わせ

EZFXに対するご意見・ご質問・ご提案は、下記の入力フォームにてお寄せください。

Sending

©2017 EZFX

表示
非表示

メンバーログイン

パスワードのリセット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。