• 先週のトレードシグナルの結果で+1,058ピップスの利益が取得できました!
  • トレードサイズの差のためにピップスと資金の業績が異なる時もありますので、ご了承ください。
  • 今週のマーケットが乱れて、方向性がないですので、トレードセットアップを少なめにしましょう。
  • ブローカーによってマーケットデーターが異なるためにMT4チャートのインディケーター表示も異なる場合があります。2015年11月9日にFXCMのMT4の不具合のため、Oandaの方のチャートに切り替えました。EZFXと同じチャートを表示するためにOandaのMT4をダウンロードしてデモ講座を作ってください:https://fxtrade.oanda.com/lang/ja/your_account/fxtrade/register/gate
  • 新しいトレードエントリーとリスク管理ルールを作成いたしましたので、ご参照ください:http://ezfx.jp/supply_demand_trade_quality/
  • 今日のレポートでNZD/USDの新規トレード機会を紹介いたします。
  • GBP/USDのオープントレードのアップデートもあります。
  • 今日はUSD/JPYとの新しい終了トレード報告があります。
  • 先週のトレード結果の詳細は1月17日のポストをご参照ください:http://ezfx.jp/signal_2016-01-17/
  • ご質問ありましたらこのページの下辺であるコメント箱にてお問い合わせを投稿して下さい。
  • 新規・観察中トレード

    NZD/USD 買い(新規)

    ————————————————
    手法:トライフェクターエッジ逆張り・2トレンディー
    ダイバージェンス:クラスA
    供給・需要の時間足:4時間
    トレード #1: エントリーライン
    トレード #2:
    ターゲット #1: 0.6762(月足ピボット)
    ターゲット #2: ベースライン
    ストップ: 0.63391

    チャート:
    1/28(木)更新: https://charts.mql5.com/10/22/nzdusd-h4-oanda-division1.png

    コメント:
    1/28(木)更新: 通過ぺが太めの需要ジーンの中でクラスAの裏付けをくれました。このペアが最近の数ヶ月で大きいなレーンジで動いています。現在そのレーンジの底に当たっています。買いの方向へブレークアウトして、そしてトレンドしてくれればまた以前の高値のベースラインへ戻れるとおみますので、トレンドライナーを活用してトレードをセットアップしました。管理パラメーターの詳細が上記の通りです。

    オープントレード

    GBP/USD 買い(ワンツーパンチ)

    ————————————————
    手法:トライフェクターエッジ逆張り
    ダイバージェンス:クラスB+TMA
    供給・需要の時間足:4時間
    トレード #1: 1.43526(ストップアウト)-55ピップス
    トレード #2: 1.42563(成行)
    ターゲット #1: 1.4375(週足ピボット)
    ターゲット #2: 1.4612(週足ピボット)
    ストップ: 1.41696

    チャート:
    1/28-2(木)更新: https://charts.mql5.com/10/22/gbpusd-h1-oanda-division1-2.png
    1/28-1(木)更新: https://charts.mql5.com/10/22/gbpusd-h1-oanda-division1.png
    1/27(水)更新: https://charts.mql5.com/10/10/gbpusd-h1-oanda-division1.png

    コメント:
    1/28(木)更新: 1回目のトレードがうまくトレンド思想だったが、突然リトレースして固定ストップで決済されました。損失が-55ピップス。そのあと価格がクラスB需要ゾーンの上辺まで下がりました。三角移動平均線(TMA)がまだ強気のブルーですので、そのコンビネーションで2回目のトレードをエントリーしました。パラメーターの詳細が上記の通りです。

    1/27(水)更新: 価格が供給ゾーンを突破して、新しい高値を作りましたし、三角移動平均線も強気のブルーですので、通過ペアを成行きで買いました。管理のパラメーターが上記の通りです。

    今週の終了トレード

    USD/JPY 売り(ストップアウト)-51ピップス

    ————————————————
    手法:トライフェクターエッジ逆張り
    ダイバージェンス:クラスB+TMA変色
    供給・需要の時間足:4時間
    トレード #1: 118.441(成行)
    トレード #2:
    ターゲット #1: 117.3337(週足ピボット)
    ターゲット #2: 116.337(需要ゾーンの上辺)
    ストップ: 118.91

    チャート:
    1/28(木)更新: https://charts.mql5.com/10/22/usdjpy-h1-oanda-division1.png
    1/27(水)更新: https://charts.mql5.com/10/10/usdjpy-h1-oanda-division1-2.png

    コメント:
    1/28(木)更新: 少しブレウークダウンしてくれたんですが、最終的にリトレースしてしまって固定ストップで決済されました。損失が-51ピップスでした。
    1/27(水)更新: クラスB供給ゾーンに加えて三角移動平均線(TMA)の変色が起きましたので、通貨ペアを成行きで売りました。管理のパラメーターが上記の通りです。

    0 コメント

    コメントを残す

    お問い合わせ

    EZFXに対するご意見・ご質問・ご提案は、下記の入力フォームにてお寄せください。

    Sending

    ©2017 EZFX

    表示
    非表示

    メンバーログイン

    パスワードのリセット

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。