このページでは、EZFXシグナルの定期会員のために、EZFXが提供しているコンテンツやリソースをすぐに使いこなすための基本的な情報や例をご紹介しています。ご質問などありましたら、カスタマーケアグループをご覧ください。カスタマーケアグループで質問することもできますし、ezfxsignal@gmail.com にメールでお問い合わせいただくこともできます。

1.指標とチャート

下の短いビデオでも紹介していますが、まずはこの5つの指標をダウンロードして、お持ちのMT4トレードソフトにインストールする必要があります。そしてそれをテンプレートとして保存し、それを複製したチャートを使ってミーン・リバージョン・トレード(MRT)を見つけ、エントリーし、管理していきます。

1. 需要と供給

2. モメンタム・ダイバージェンス

3. 三角移動平均線(TMA)

4. バブルバンド

5. ピボット・ポイント

これらの指標は、すべてサイト上部のメニューバーにある「ダウンロード」からダウンロードできます。

 

2.トレードのセットアップ

次に、トレードセットアップを探します。価格の方向が変わりそうだというサインが2つ以上の指標で示されているトレードを見つけます。そしてトレードを仕掛けるのですが、すべての指標の仕掛けのタイミングが一致するまで待てば、さらに結果が良くなる傾向にあります。

(1) クラスAサプライ&デマンドゾーン

サプライ&デマンドゾーンが、同じ方向のダイバージェンスとともに現れる(どちらも同じ方向へのトレードを示す)コンビネーションを、「クラスA」と呼びます。ダイバージェンスのみ、あるいはサプライ&デマンドゾーンのみで現れたものを、「クラスB」と呼びます。クラスBのシグナルでも利益を出すことは可能ですが、これまでの経験では、クラスAのほうが信頼度の高いシグナルと言えます。

class-a-zones-j

(2) バブルバンド

一番外側のバブルバンドが三角移動平均線(TMA)を越えてクロスし、また戻って来ると「バブル」(泡)が生まれます。これは、その通貨ペアの最近の価格の動きが大きく、反転する予兆を示している、とても強いシグナルです。

audusd-TMA Bubble Bands (J)

(3) 三角移動平均線(TMA)

三角移動平均線が青から赤へとカラーチェンジすると、価格が強気から弱気に転換すると予測できます。反対に、赤から青へとカラーチェンジすると、弱気から強気に転換する可能性があることを示しています。

audusd-TMA (J)

また、三角移動平均線のカラーチェンジは、手仕舞いのシグナルにもなります。最初に計画した利益目標に届く前でも、利益を確定し、トレードを手仕舞います。トレンドフォローや、利益目標を超えて利益を増やそうとしている時も、手仕舞いのシグナルになります。

さらに、このカラーチェンジと一緒に、日足チャートにおける長期的なトレンドの方向を確認し、トレードをどの方向に仕掛けるかを考えます。

(4) トレンドラインのブレイク

価格のトレンドはよく、斜めのサポートラインに沿って動き、少しずつサポート線に弾かれていきます。価格がこのラインをブレイクすると、それは価格がその方向への勢いを失って、反対に動き出しつつあるという、シンプルながらも強いシグナルになります。

audusd-trendlines (J)

ひとつのチャート上に、これらの指標を組み合わせることで、下のような買いトレードや売りトレードを見つけて、トレードをセットアップすることができるのです。2つの例をご覧下さい。

買いのセットアップ例

このUSD/MXNの買いトレードの例では、最初にクラスAデマンドゾーン、買いのバブル、そしてトレンドラインのブレイクが発生して、トレードを仕掛けるゴーサインが出ました。さらに、その後、TMAカラーチェンジが発生し、同じ方向のトレードのゴーサインが出ました。

class-a-buy-example-1

売りのセットアップ例

このEUR/NZDの売りトレードの例では、クラスAサプライゾーン、TMAカラーチェンジ、そしてトレンドラインのブレイクが発生して、トレードを仕掛けるゴーサインが出ました。

class-a-sell-example

トレードを見つけたら、リスク管理ワークシートを使ってトレードサイズを決め、そして下で説明しているルールに従ってトレードを管理していきます。

3. トレード管理

MRTトレードを仕掛けるときは常に、異なる利益目標を設定したトレードを2つ仕掛けます。1つ目の利益目標はターゲット1で、そして2つ目の利益目標は利益を伸ばすためのターゲット2です。ターゲット1に価格が到達したら、1つ目のトレードは利益確定をし、2つ目のトレードのストップをブレークイーブン(トレードを仕掛けた価格)に動かし、そして価格が第二の利益目標まで届くかどうか継続します。このような方法でトレードを組立、そして管理していくことで、早い段階でトレードの一部の利益を確定することができます。また、残りのトレードでさらなる利益を目指すときのリスクをなくすことができるのです。

Stop to Breakeven (J)

4. リスク管理

トレードするときには、リスクとチャンスのバランスを両立させなければいけません。リスクを大きくしすぎて負けてしまうと、トレード資金の一部、あるいはすべてを失ってしまい、その後のトレードで損失分を取り戻すことができなくなってしまいます。かと言って、リスクが少なすぎると、トレードから得る純利益が、トレードにかけた時間や労力に見合わないものになってしまいます。そこで両者のバランスを両立させるために、計算式を使って、トレードごとに最適なロットサイズを計算します。そのときに使っているエクセルのスプレッドシートが「リスク管理ワークシート」です。

Risk Management Worksheet (J)

リスクを管理するために、ひとつのトレードにつき資産の1%まで、そしてすべての進行中のトレードで資産の5%まで、というリスク制限をもうけています。リスク管理ワークシートを使って、新しいトレードのトレードサイズを計算し、進行中のトレードのリスクの度合いを管理していきます。そのやり方の詳しい説明や、ワークシートのファイルをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

5. トレードシグナル&マーケット分析

トレードシグナルは通常、トレーディング・ルーム生中継や私のFX市場分析レポートで紹介されたマーケット分析やトレードアイデアが元になっています。シグナルの目的は、特定のトレードイベントが起こったことを皆さんに知らせ、皆さんも私と一緒にトレードをし、私とできるだけ同じようなトレード判断と結果を得ることにあります。1週間に平均するとだいたい3~7回、新しいトレードをしたり、シグナルを送ったりしています。ひとつのトレードごとに、3種類のトレードシグナルを送ります。これはトレードの進行状況に合わせた、「新規」「アップデート」「決済」のシグナルです。各シグナルの例を下に示しました。私のトレードパフォーマンスに最も近づけるには、上で説明されたリスク管理の制限のなかで、すべてのシグナルをトレードすることをお勧めします。

トレードシグナルは、メンバーに知らせた直後に、シグナルブログに掲載されます。

1. 新規トレードシグナル

===========================
配信時間:2016.08.17 @ 14:35
種類:エントリー
EUR/GBPを0.86403で売り(成行)
ターゲット1 = 0.85335(フィボナッチ50.0%)
ターゲット2 = 0.8435(月足ピボット)
ストップ = 0.87272
トレード管理:エントリーはクラスA供給ゾーン+売りのバブル+トレンドラインブレーク+三角移動平均線の変色で確認できました。ターゲットが達成されましたら、ポジションの一部を決済して、残りの分の固定ストップをブレークイーブンへ移動します。
チャート:http://bit.ly/2bzoFKa
===========================

2. アップデートシグナル

===========================
配信時間:2016.08.24 @ 20:53
種類:アップデート
EUR/GBPを0.86403で売り(成行)
ターゲット1 = 0.85335(フィボナッチ50.0%)
ターゲット2 = 0.8435(月足ピボット)
ストップ = 0.87272
アップデート:ターゲットが達成されましので、ポジションの一部を決済して、ストップをブレークイーブンへ移動しましょう。最終利益ターゲットにはトレンドフォローがオプションです。
チャート:http://bit.ly/2bhITbz
===========================

3. 決済シグナル

===========================
配信時間:2016.09.01 @ 20:33
種類:決済
EUR/GBPを0.86403で売り(成行)
ターゲット1 = 0.85335(フィボナッチ50.0%)
ターゲット2 = 0.8435(月足ピボット)
ストップ = 0.87272
決済:最終利益ターゲットが達成されましたので、ポジションを決済しました。+205ピップスの利益が取得できました。トレンドフォローする方は、クラスA供給ゾーンまたは三角移動平均線のカラーチェンジが表示されるまではトレードを続けてもいいです。
チャート:http://bit.ly/2cbmPvV
===========================

トレードシグナルは、新規会員登録のときに作成したユーザープロフィールで入力したメールアドレスに送られます。別のメールアドレスに変更したい場合、あるいは追加でシグナルを受け取りたい場合、またアメリカにお住まいでSMSでシグナルを受け取りたい場合には、ezfxsignal@gmail.com にメールでリクエストをお送りください。

6. トレーディングルーム

トレーディングルームは週4回20~30分ほど行っている生中継で、ニューヨーク時間の午前10時~開始しています。各回とも記録および保存され、EZFXのメンバーにオンデマンドで提供されます。生中継のセッション中に、主要通貨とクロス通貨を見直して、新しいトレードチャンスを見つけたり、現在進行中のトレードをアップデートしたり、終了したトレードを見直したりします。トレーディングルームのページに掲載されているウオッチリストを毎日見ていくことで、一貫性を保てるようにしています。トレーディングルームの生中継中は、生のQ&Aチャットもできます。

できるだけ定期的に、生中継のトレーディングルームに参加することを強くお勧めします。トレーディングルームに積極的に参加することで、MRTトレードを見つけ、選択し、そしてトレードするプロセスを学び、上達することができるようになるからです。さらに、体系的なマーケット分析とトレードのアップデートを毎日する習慣も身につきます。あなたのトレードをより安定させ、利益をもたらすというゴールに近づかせるには、このシンプルな日々の習慣が欠かせません。このプロセスをきちんと行うことで、新しいトレードチャンスを逃してしまったり、進行中の自分のトレードに対する行動が遅れてしまうというようなことを防ぐことができます。

7. EZFXコミュニティー

EZFXに会員登録をしてメンバーになると、自動的に同じような志を持つトレーダーのコミュニティーにアクセスすることができるようになります。そしてそのなかで、仲間を作ったり、話をしたり、アイデアをシェアしたり、知恵をもらったりすることができるのです。あなたがトレードをするにあたって、EZFXシグナルのウェブサイトにある情報にアクセスしたり、ほかのトレーダーとの関わりを持ったりすることが常にできるようにすることが、このコミュニティーの目的です。これがあれば、トレードがより楽しく、魅力的なものになるだけでなく、より良い判断を下して学ぶ効率がスピードアップし、自信を持ってトレードで生計を立てることができるようになります。EZFXはその手助けをしたいのです。

フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアの使い方が分かる人であれば、EZFXコミュニティーの使い方もすぐに分かります。下のステップに従って、今すぐ利用し始めてみましょう。

ステップ1 – グループに入る:

EZFXコミュニティーを最大限に活用するために、まずは下のグループにひとつ以上参加しましょう。

1. トレードシグナル

2. ミーン・リバージョン・トレード

3. トレーディングルーム

グループに参加すると、あなたのチャートやアイデア、質問を投稿したり、ほかのEZFXメンバーと会話をすることができます。

ステップ2 – 自己紹介をして新しい仲間を作る:

コミュニティーにどんどん参加するには、新しい仲間をつくり、毎日トレードやマーケットについて情報交換をしたり、質問をしたり、新しく学んだことを報告したりするのが一番です。まず最初に、各グループで自己紹介をしてきっかけを作りましょう。ほかのメンバーと何度か会話を交わしたら、次に、そのメンバーたちに友達リクエストを送りましょう。新しく友達になったメンバーと個人メッセージでやりとりすることもできます。

ステップ3 – 毎日チェックインして、自分の考えや疑問をシェアする:

参加したグループに毎日チェックインすることを習慣にしましょう。そして、積極的にコンテンツや質問、コメントなどを投稿してください。

ステップ4 – ルールを守る:

ほかのメンバーに対する礼儀を忘れないようにしましょう。そして、投稿や会話の内容がトレードからそれないようにしましょう。政治やほかの話題について語りたいときは、フェイスブックやツイッターや、ほかのSNSでしましょう。このルールを守れないメンバーは、グループへの参加を取り消されたり、投稿を削除されることがあります。詳しいルールについては、このサイトの利用規約をご覧下さい。

8. 利益をもたらすトレード

成功するトレーダーと成功しないトレーダーを分ける大きな要素は、トレードシステムではありません。実は、トレードのプロセスなのです。理論上、あなたのトレードシステムがどれほど素晴らしいものでも、それを学ぶ姿勢と利用する姿勢に一貫性がなく適当にやっていれば、それは何の役にも立ちません。素晴らしいツールを持っていても、その正しい使い方を学ばなければ、ひどい結果が生まれます。私自身の日々の、そして毎週のトレードプロセスのなかで、重要なものをリストアップしてみました。このようなことを日課にすることで、知識やスキル得て、それを維持し、そして自分のトレード口座やトレードで得た利益を守っているのです。トレードをする日は毎日、これらの項目を習慣にすることをお勧めします。

1.トレードを計画し、結果を記録する

トレードを計画したら、その計画通りのトレードをしましょう。自分のゴールを書き出して、それを現実にするためにやらなければいけないステップを書いていくことが、何よりも力になります。トレードプランは、有効なセットアップを示している通貨ペアのリストです。そのようなシンプルなもので構わないのです。そしてそれを、自分のトレードシステムのルールに従ってトレードしていくのです。トレードが終了したら、その結果を記録しておきます。そのとき、そのトレードについて気がついたことや、予想外の出来事なども一緒に書き留めておきましょう。するとそれが、ただのトレードプランから、あなたの実際のトレード成績を測る客観的な道具になり、またそこから気付いたことや生まれたアイデアなどをバックテストしていけば、あなたのトレードシステムをさらに改善させることもできるのです。

2.新しい疑問の答えを探り、改善していくために、自分のシステムのバックテストを行う

バックテストの際、判断を下すためのルールを守り、トレードの計画や実行に一貫性を持たせるようにすることは必要なのですが、このプロセスを機械的に、何も考えずに行ってはいけません。トレードをするときには、常にじっくりと考えて、自分のシステムやセットアップ、そしてトレードについて今まで気がつかなかったことがないか、積極的に探していく姿勢が必要です。新しいことを発見したら、それを疑問という形に変えて、バックテストを通してもっと学んでいきます。このように、疑問に対して検証していくという積極的なプロセスを重ねることこそが、自分のトレードシステムやトレーダーとしてのスキルを継続的に磨いていくための手段になるのです。

3.トレードスキルを修得・維持し、自信をつけるために、自分のシステムのバックテストを行う

バックテストは、あたらしいトレードシステムを学ぶためだけのものではありません。しばらくトレードしているシステムでも、それを上手に使うためのスキルを身につけ、そしてそれを維持するのに、バックテストは役に立ちます。また、例えばトレードで損失が続いたときなど、感情的になってしまい、自分のトレードシステムを疑ってしまうようなときには、システムへの自信を取り戻すのにバックテストが役に立ちます。自分のシステムを検証して、システムがきちんと機能していて、利益をもたらすものだということを、そして想定内の小さな損失から常に回復し、そして新たな利益を生むことができるということを再確認しましょう。

4.ハードストップを使い、決められた制限のなかで各トレードサイズを決めることで、リスクを一定に保つ

ストップを設定しないという選択をするというのは、トレーダーとして唯一持っている力――最大の損失を制限する力――を排除してしまうことになります。別の言い方をしましょう。ストップを置かないトレードというのは、もはやトレードではありません。ギャンブルです。リスク管理ワークシートを使って、1つのトレードにつき最大1%の損失、そしてすべての進行中のトレードに対して最大5%の損失、という制限を設けて、積極的にリスクを管理しましょう。そうすることで、負けトレードが続き大きなドローダウンに見舞われ、マージンコールがかかってしまうような状況をさけることができるのです。

5.資産を守り、利益が出たら銀行へ

トレーダーとして最初にやるべき仕事は、まず自分のトレード口座を守ること。そして次にやるべき仕事は、計画的で一貫性のある、管理されたなかで、その口座をリスクにさらし、そして時間をかけて口座を成長させることです。利益をトレード口座に置きっ放しにしてトレード口座の資金を膨らませていくのではなく、最初に口座にある残高を「エンジン」として考えて、それ以上に増えた利益は別の預金口座へと移動させることを強くお勧めします。最初の残高と同じだけの残高が預金口座に貯まったら、それをトレード口座に再び移動して、「エンジン」の大きさを大きくし、そしてトレードから得る月々のキャッシュフローをふやしていくようにすると良いでしょう。

私がお勧めするこの5つの項目を自分の習慣として、日々のトレード活動の考え方や行動に欠かせないものにしていけば、あなたが新米トレーダーから、トレードで生計を立てられるような、成功するトレーダーへと生まれ変わるまでのスピードが短縮されるでしょう。

幸運を祈ります。そして、ハッピートレーディング!

お問い合わせ

EZFXに対するご意見・ご質問・ご提案は、下記の入力フォームにてお寄せください。

Sending

©2017 EZFX

表示
非表示

メンバーログイン

パスワードのリセット